高気密・高断熱の『FPの家』は一年を通じて春のような爽やかで快適な室内を実現します。

温度や湿度が心地よく保たれ、空気が常にクリーンな空間では、体調が維持しやすく、また病気になったとしても回復が早いという、健康的な住まいづくりが可能になります。

また強固な構造と結露の発生が抑えられる効果で、柱や梁が長持ちし、いつまでも頑丈な住まいを実現することができるのです。

さらに、いま最も注目されている省エネルギーでCO2の排出も少ない、環境にやさしい住まいづくりが可能になるのです。

住宅の性能を高めることによって、ゼロエネルギー住宅ができれば理想的かもしれません。

しかしその実現にはまだ時間がかかるでしょう。

現在では使用するエネルギー量を極力小さくし、自然エネルギーを活用することで光熱費をゼロにすることが、もっとも現実的です。

そして、高気密・高断熱性能の最高水準にある『FPの家』こそ、光熱費ゼロ住宅に最も近づいている、といえるのです。

 

オール電化住宅と相性のいい『FPの家』

FPA4CEB2C8_6
オール電化住宅とは、冷暖房、調理、給湯など、家で使用するエネルギーを電気に一元化した住宅のことを言います。

電気に集約することで深夜電力の活用など、電気を効率的に利用することが可能になります。

その結果、家全体で使用するエネルギー量を減らし、また光熱費を節約することができるのです。

もちろん、これは使用するエネルギーが小さい場合に言えることで、オール電化にすればどんな家でも省エネになる、という意味ではありません。

家の性能が低ければ冷暖房を余計に使うことになり、かえってムダに電気を使うことになります。

オール電化は省エネ・エコの必須条件です。ただし、高性能な住宅に限る、という注意書きが必要です。

 

自然エネルギーを活用する太陽光発電

オール電化住宅の最も大きな省エネメリットは、太陽光発電が利用できることにあります。

風力、地熱、潮力など自然エネルギー活用の研究が急速に進んでいますが、実用性が高く一般家庭用に最も普及しているのが太陽光発電です。

FPA4CEB2C8_7

太陽光発電は通常電力と併用することで電気の使用量を抑え、場合によっては余剰電力を地域の電力会社に買い取ってもらうことができます。

この節約と売電によって、年間の光熱費をゼロに近づけることが可能になるのです。

地球温暖化防止のために、国としても太陽光発電を積極的に普及させる施策をとっていることが追い風にもなっています。

具体的に言うと2010年1月29日まで、太陽光発電設備の設置費用1kwに対して7万円の補助金が利用可能です。

また2009年11月からは、地域電力会社の余剰電力買取金額が従来の2倍になることが決定しています。

この施策により設置費用の負担が大きく軽減され、『FPの家』であればおよそ15年程度で元が取れる計算になります。

もちろんこれも、『FPの家』の高性能があってこそ実現すること。

家族の健康と地球の未来を見据えた、今一番快適でエコな暮らしを実現する家。

それが『FPの家』なのです。