我々はここ京都府八幡市で、トップテンニシカワとして30年、皆さまに育てて頂きました。
「もっとお客様の喜ぶ顔を見たい」という思いから、私は “家づくり” を始めたのです。
おかげさまで沢山の新築一戸建ての注文住宅とリフォームをお手伝いさせて頂くことが出来ました。
美しく生まれ変わったわが家に感激される方、家事の仕事がはかどりますと笑顔で答えてくださる奥様。
私が「住まいの誕生」、つまり建て替えや新築でもお客様と喜びを分かち合いたいと強く考えるようになったのは自然の流れだったのかもしれません。

そんな時、リフォームか建て替え・新築か迷っておられるお客様から相談を受けました。
このお客様に一生喜んで住んでいただける家をつくろうと決心し、それから1年間新築の工法を勉強しました。
そして最後に出会ったのが「FP工法の家」。この工法は北海道の会社が開発した新築の工法です。
私は北海道に飛び、実際にこの目で確かめ、この家なら迷わず皆さまにおすすめできると確信しました。
そして学べば学ぶほど、どんどんこの工法にほれ込みました。
どこのハウスメーカーも真似出来ない工法です。

一言で言えば「1年中5月のさわやかな家」です。
夏でも冬でもとても住み心地のよい家、家族の健康とお財布そして地球にもやさしい家。
実際建てた後、住んでおられるお客様に尋ねると「期待していたとおり満足しています。
ストレスのない家で家の中にいても自然を感じる」と返事が返ってきます。
そこで我社のFPの家のネーミングを「フィニール(Fenir)」にしました。
“feel nature in your room(あなたの部屋で自然を感じて!)”という意味の頭文字をとった造語です。

我々は住まいを通じて、みなさまに幸せになっていただくことをお約束いたします。
また、この工法に出会い、フィニールの家を建てることができ、その材料を使ってリフォームが出来る我社は幸せです。
もちろんリフォームがメインで地域の皆様のお役に立つようがんばりたいと思っています。
『日本一住み心地のよい新築を建てられるリフォーム会社』とでもいいましょうか、そんな会社にトップテンハウスはなりたいと思っています。